これからのイベント

終了イベント

連絡先

E-Mail:info[アット]ricecake.st

Web拍手はこちらへ

アーカイブ

記事カテゴリー

イベントリンク

コミックマーケット
東方崇敬祭
月の宴 例大祭

同人ショップリンク

メロンブックスドットコム
とらのあな
あきばお~こく
D-Stage

第1回GDGDレポ

第1回GDGDのほうに行ってまいりました。
これからイベントに参加しよう、という自分にとっては色々と面白い話が聞けました。
今日参加された方でこのページを見ておられる方、お疲れ様でした。
簡単に内容をまとめたいと思います。
あ、でも自分は要約というのが苦手なのでかなり長くなってしまうと思います。

・企画
大体のサークルが、企画はかなり適当にやってる感じでした。
作りたいときに作る、といった感じのようです。それが同人のよさだ、とZUNさんが言ってました。

・製作手順
紫雨さん、ZUNさんは1人で活動しているので、割と行き当たりばったりでやっているみたいです。
D.N.A. Softwaresもプロトタイプ的にやっているそうですが、チームでそれをやってるとかなりアレなことになることもあるそうで…
永久る~ぷでは、企業の開発のようにかなりしっかりとスケジューリングしてやっているとか。なかなか同人でそれをやるのはすごいですね。
フランスパンではグラフィックのイメージを先に作り、それに基づいて他の部分を色々やっていくそうです。

・イベントに申し込む
イベントに申し込むとタイトルが完全決定する!!
それがイベント申し込み時の最大の出来事のようですw
あと、結構イベントに落選することはあるようです。だから、イベントに受かったらそういうサークルのことも考えて、絶対に作品を落とさないほうがいい、といっていました。

・注意すること
体調管理は超重要。倒れるのはイベントが終わってから。
そして、みなさん徹夜はしないほうがいいという意見でした。
そのときだけ異様に頑張っても、結局総合するとプラスマイナスゼロ以下になるからだそうです。
ただ、学生のうちは自分の限界を知るためにもやってみてもいいんじゃないかとのことですw

・「手焼き」と「プレス」
自分は作品を出したことがないのでこの点についてはあまり考えたことがありませんでした。
このメディアに焼くという作業は結構大変なようです…
手焼き:イベント日ギリギリでもなんとかなるが、そんなに安くない。そして大変
プレス:かなり早めに納品しないと料金がどんどん高くなる。
作品を出すときはこのことも考えてやらないといけないですね…

・委託について
委託の手続きはかなり面倒だそうです。
でも、委託せずに「手に入らなかった」という声への対応も大変だし、「地方民だから通販がいい」という声もあるので委託を望む声には是非とも応えたいそうです。
ダウンロード販売についても触れられましたが、ダウンロード販売だと「パッケージが欲しい」という声が上がるから、結局需要は満たされないよ、とのことでした。
あと、在庫を抱えるかもしれないということを考えてイベントオンリー/委託もするというのを考えたほうがいいようです。
heppokoさんの過去のゲームの在庫を積み上げたものが壮観でした。全部を1列につんだら4,5m以上ありそうでした。

・作品を作ることについて
とりあえず1作目を作ることが重要!!
作品がまだできてなくてもイベント等の参加申し込みをし、締切りを決めたほうがいいようです。
そして、クオリティよりスピード。満足できなくてもとりあえず出品!!
1作目を出すと、2作目以降はなんとなく分かってきて作りやすいようです。
それゆえ1作目の壁が高いとか。とにかく後に引けない状況を作ってしまったほうがいい。
そして、「マスタアップ後はプログラムに触れたらいけない」。

・音楽について
音楽はゲームの顔になる。音楽はしっかりと考えて作ったほうがいいようです。
それに、音楽がついてると開発中のテンションが上がっていい感じとのこと。でもステージ1の音楽は聞き飽きてしまうよね、と言ってましたw

・ゲームエンジン、スクリプトについて
これはサークルによって全然違いました。
上海アリス幻樂団:システム部分はプログラム、データとかはスクリプト、といった分離
D.N.A. Softwares:エンジンは出来上がってて、ほぼスクリプトしかいじらない。メインループもスクリプトに書いている
フランスパン:あまり頻繁に仕様変更がないところはプログラムでかき、頻繁に仕様変更があるところ(主にデザイナによる)はスクリプトで書く
永久る~ぷ:D.N.A. Softwaresと同じく、ほぼスクリプト
Platine Dispositif:あまりスクリプトに依存せず好きに作っている
この項の最後のまとめとして言われましたが、STGとかノベルゲームなんかはあまり変則性がないからスクリプトでもいけるが、アクションゲームなんかは変則性が高いからハードコーディングの方が効率がいい場合もある、といっておられました。
やっぱり作るものによってだいぶ変わるようですね。

大体こんな所です。
あと、懇親会で色々話しましたが、
「とりあえず第1作を完成させたほうがいい」
「学生の間に色々やっといたほうがいいよ」
といった感じのことを何回も言われました。やっぱり学生のうちに色んなことを始めるのがベストのようですね。

今日のGDGDでいろいろな話を聞けてやる気がむくむくと上がってきました。
とりあえず次の例大祭orコミケにダメもとでも出品してみようかなと思います。

コメントを残す

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>